ヒートショックという現象

身体に負担を与えない

わずかな負担でも、高齢者にとっては大きな負担になってしまいます。
負担を削減するために、脱衣所に暖房を置いてください。
すると寒いところから、いきなり暖かいところに行くことと回避できます。
心臓に負担を与えないようにすることが、高齢者の命を守ることに繋がります。
暖房をつけることもバリアフリーに該当するので、費用をあまり気にしなくても大丈夫です。

複雑な操作をしなければいけないものは、高齢者がうまく扱えないかもしれません。
なるべくシンプルな操作ができる暖房を用意してください。
いつもは家族が操作できても、家族が家にいない時に高齢者がお風呂に入ることもあります。
その時は高齢者が自分で、暖房を操作できなければいけません。

バリアフリーに慣れている会社

これまでに、たくさんバリアフリーに関係する設備を作ってきた会社にリフォームを任せると良いでしょう。
それなら完成してから、イメージと異なるというようなトラブルが起こることはありません。
これまでにどのくらいの件数の依頼をこなしてきたのか、事前に調べると良いですね。
また周囲にバリアフリーのリフォームをしたことがある人がいたら、おすすめの業者を聞いてください。

せっかく補助金を使って安くリフォームができても、満足できなければ意味がありません。
無駄な出費に繋がってしまいます。
リフォームを成功させられるように、バリアフリーに慣れているところを探してください。
焦らないで、ゆっくり情報を集めてから決定しましょう。


この記事をシェアする