使いやすい水回りにする方法

費用のことを気にしている人

もっと安全にお風呂に入れるように、リフォームを考えている人が見られます。
しかしリフォームは、簡単なことではありません。
高額な資金が必要なので、本当に実行するか迷っている人が見られます。
しかしバリアフリーに関するリフォームだったら、補助金を申請できます。
補助金を使えば自分の支払う分が減るので、、予算が少ない人でも希望通りにリフォームできるでしょう。

こちらから申請しないと、補助金は使用できません。
忘れていたらもったいないですし、申請できる期間も決まっています。
いつまでに申請すれば良いのか調べて、早めに申し込みましょう。
申し込む際は、リフォームの計画書などを提出します。
書類に不備がないよう、何回も見直しましょう。

非常に床が滑りやすい

お風呂場は水を使うので、床が滑りやすくなります。
高齢者は骨が弱っているので、少し転んだだけでも骨折してしまう可能性があります。
頭を打つと、そのまま意識を失ってしまうかもしれません。
そのような事故を防げるように、滑り止めをつけてください。
すると高齢者が一人でお風呂に入る時でも、事故が起こることはありません。

高齢者の気持ちになって、必要なリフォームを考えましょう。
今は家族内に、身体が不自由な人や高齢者がいないかもしれませんね。
しかし将来、高齢の両親と同居する可能性があります。
その時に再びリフォームを依頼すると費用がかさむので、今バリアフリーのリフォームも終わらせておきましょう。
離れて暮らしているなら、電話で意見を聞くと良いですね。


この記事をシェアする